« 平曲(平家琵琶)弾き語り奏者 荒尾 努 | トップページ | 新・平家琵琶睦月号「迎春」 »

朝日カルチャーセンター横浜教室

平曲とは「平家を語り、琵琶を弾じる。盲目の琵琶法師によって語り継がれてきた八百年続く日本の伝統文化」です。また、小泉八雲の怪談「耳なし芳一」の中で、芳一が平家の亡霊たちの前で弾き語っていたのが平曲です。能、狂言、浄瑠璃や歌舞伎といった伝統文化よりはるかに古く生まれ、日本の文化、語りの原点にあります。
 平曲は平家物語しか語りません。平家物語の本来の姿は、琵琶法師によって語られるものです。平家の語りと琵琶の調べを通して、八百年の時の流れを感じるとともに、平
一門の優しさ、温かさや素晴らしさを感じ、また、日本語の美しさ、歴史や文化の大切さ、想像力の豊かさを体感してもらいたいと思います。(講師・記)
 
〈演奏予定〉 「祇園精舎」、「敦盛最期」、「那須与一」、「先帝御入水」

詳細 https://www.asahiculture.jp/yokohama/course/58e53ecd-36bc-3d10-b50f-580b12ad59b8

|

« 平曲(平家琵琶)弾き語り奏者 荒尾 努 | トップページ | 新・平家琵琶睦月号「迎春」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/204836/64546100

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日カルチャーセンター横浜教室:

« 平曲(平家琵琶)弾き語り奏者 荒尾 努 | トップページ | 新・平家琵琶睦月号「迎春」 »