" />

« 岡倉天心の愛した六角堂 | トップページ | 五浦観光ホテル演奏会 »

鎮魂の語り

昨年は大河ドラマ平清盛のおかげもあり、たくさんの平家を語る機会を頂きました本当にありがたいことでした
娘も小さいながらに妻と三人であちこちに行くことが出来るのは本当に嬉しいことです
平家が都落ちの後も長距離を移動しながら戦えたのも、家族がいつも共にあったからではと感じます
ただ、忙しかったり、日々の生業の中で、なかなかすべてに手が行き届かなかったりしてしまいます
今年は今まで以上に一回一回の演奏会に魂を込めて、語れればと思います
人は原点に立ち返ることをしばしば忘れてしまいますが、平家の語りはなくなった平家一門や源平合戦で犠牲になった多くの人の鎮魂の思いで語られていたと思います琵琶法師の伝えた中には、声の良し悪しでもない、平家を知れば事前に声が出て、まるでその場にいたかのように語るのが上手とあります
演奏会に来ていただいた一人でも多くの方が、平家の時代に思いを馳せて聞いていただけるように、より研鑽を積みたいと思っています
忙しい日々の中で、平家を語る時間は私にとってはとても幸せで、ありがたい時間に思います
ふと、感じる琵琶法師の独り言

|

« 岡倉天心の愛した六角堂 | トップページ | 五浦観光ホテル演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎮魂の語り:

« 岡倉天心の愛した六角堂 | トップページ | 五浦観光ホテル演奏会 »