« 恭賀新年 | トップページ | ホテルオークラ 京都 平曲演奏会 »

大河ドラマ『平清盛』

大河ドラマ『平清盛』がスタートしました
史実や平家物語と違う部分もありますが、平安時代の雰囲気がよく出ていて、今までにない大河ドラマではないかなと思います
平安時代というと、貴族の華やかイメージを想像しがちですが、庶民の生活は苦しいものがありました武士もどちらかというと庶民に近く、実力があっても血の穢れを貴族から疎まれていました
このような環境下で平家は武士として成長し、平清盛公は出世して、位は人臣を極めて一門の栄華を手に入れます
頼朝が最初にいっていたように、その苦労は並大抵ではなく、清盛公がいなかったら、武家政権の樹立は難しかったでしょう
なかなか描くのが難しい平安時代を今回は一生懸命描いていることがよく伝わってきて、NHKの意気込みを感じますこれから楽しみです
平曲(平家琵琶)弾き語り奏者
宮島観光大使
荒尾 努
平家とともに

|

« 恭賀新年 | トップページ | ホテルオークラ 京都 平曲演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『平清盛』:

« 恭賀新年 | トップページ | ホテルオークラ 京都 平曲演奏会 »