« ぶれない生き方 | トップページ | 新CDの収録 »

琵琶法師はお坊さん?

琵琶法師は半分お坊さん、半分は俗人というのが私のイメージです。お坊さんとして修行をして、得度している仏僧に比べると、ちょっと毛色が違うと思います。それでも、亡くなった人たちのことを語り、この世に現出させるということを考えると、お坊さん以上にお坊さんのイメージもあります

お坊さんも人間であるように、琵琶法師、特に私も人間です。(当たり前ですが・笑)ただ、どうしても法衣を着て、平家を語っていると、説法のような話し方が多くなり、ちょっと距離を感じられる方もあります。しかしながら、私などはお酒(種類に限らず)も大好きですし、食べ物の好き嫌いはないものの、お寿司など大好物です。カラオケに行けば、演歌(特にまつり)も歌い、よく寝て、良く飲み、よく食べます。禅宗のお坊さんではないですが、何事にも一生懸命というのが大事と思います。飲むときは飲む、食べる時は食べる、寝るとき寝る、何事にも一生懸命になれれば一番ですね。なかなか難しいですが

私はなるべく法衣を着ているときはお坊さんの気持ちを忘れないようにしながら、平家一門の供養と鎮魂ができればと思っています

|

« ぶれない生き方 | トップページ | 新CDの収録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶法師はお坊さん?:

« ぶれない生き方 | トップページ | 新CDの収録 »