« 琵琶法師は近づきがたい? | トップページ | 琵琶法師はお坊さん? »

ぶれない生き方

平曲を始めた時、まさか自分が法衣を着て、琵琶法師となって平家を語る日がくるとは思いませんでした。しかしながら、現在の自分があるのは、素晴らしいご縁がたくさんあったからだと思っています

ただ、私が平曲を続けることができたのは、もちろん平曲が好きになったというのもありますが、原点は「平清盛公を始めとする平家一門が大好きで、大好きな平家一門の優しさ、温かさ、素晴らしさを一人でも多くの人に伝えたい、わかってほしい」という強い思いがあったからです

その大好きな平家一門のことを伝える、表に出す方法が平家の語りと琵琶の調べ、平曲であったのだと思います。もちろん、平曲は平家一門の供養、鎮魂のために生まれたという歴史を考えると、私は大好きな平家一門の供養のために、一人でも多くの人に平家の語りを聴いてもらおうと活動している今の姿は、ちゃんと意味合い、目的があって、平家と繋がっているなと感じます

平曲は声の良し悪しや上手下手ではないと言われます。描かれている場面をどのくらい眼前に語りで現出できるかが重要と言われます。原点を忘れず、愛する平清盛公や平家一門のことを語り続ける限り、ぶれない平家の語りを皆さんに聞いてもらえると思っています

|

« 琵琶法師は近づきがたい? | トップページ | 琵琶法師はお坊さん? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶれない生き方:

« 琵琶法師は近づきがたい? | トップページ | 琵琶法師はお坊さん? »