« 平家一門の素晴らしさ | トップページ | 古典芸能「平曲」 »

平清盛公を愛して

歴史上の人物で最もすきなのはもちろん平清盛公です

清盛公は、政治、経済、軍事に秀でて、家族も大事にした公私に渡って、バランスの取れた人です。八百年語る継がれている平家物語りも清盛公がいたから生まれたし、多くの日本人が共感する平家一門の生き方は清盛公が作り上げたといっても過言ではありません

歴史は勝者の歴史になりますが、日本人は敗者にも美学を見ます。それには怨霊思想など日本人独特の感性がありますが、やはり無常を地で生きた平家ほど日本人の敗者の美学をよくあらわしたものはないと思います

清盛公は時代の先を行き過ぎたのかもしれません。歴史上、清盛公以外では織田信長くらいしか時代をリードした人はいないのではと思います。また、バランスのとれた歴史上の人物では清盛公に匹敵するのは蓮如上人くらいではないかと思います

いろいろ書きましたが、高度成長がおわり、経済的な豊かな時代を迎えた今、家族崩壊の危機も叫ばれる今、我々が歴史から学ぶのであれば、家族を愛し、国を富ませようと努力した平清盛公の生き方はまさにうってつけなのではないかと思います

|

« 平家一門の素晴らしさ | トップページ | 古典芸能「平曲」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛公を愛して:

« 平家一門の素晴らしさ | トップページ | 古典芸能「平曲」 »