« 1月演奏会予定 | トップページ | 朗読劇「阿弥陀寺」 »

大中寺「梅見の会」

二月になり、暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続いています

今回建国記念日に駿河の国にある大中寺で演奏会で行ってきました

ここは命を奪われるはずだった六代御前が文覚上人によって命を救われた運命の地で、その後、二代将軍頼家によって殺された六代御前の亡骸を葬ったとされる六代松のあとに碑が建っている平家ゆかりの地でもある

また、源氏の嫡流で頼朝の弟で義経の兄今若丸阿野全成が北条家によって殺され、葬られた大泉寺もあり、源平ゆかりの地でもあります

演奏会当日は早めに行って、大泉寺、白穏禅師の墓のある松蔭寺、千本松原、六代御前の六代松の碑、斎藤五が主君の菩提を弔ったいわれる妙覚寺などを訪れ、お参りしてから大中寺に入りました

大中寺につくとお抹茶の接待を受け、大中寺芋という美味しいお芋もいただき、演奏会に入りました。大中寺は皇室の方も良く訪れる古刹で、お庭の熊笹と梅のコントラストが印象的でした

演奏会では「祇園精舎」「那須与一」、沼津ゆかりの「六代乞請」を語りました。演奏前には住職が源平双方の供養の回向もして下さり、素晴らしい鎮魂の演奏会となりました

雨の中でしたが、お客さんもたくさん来てくださり、本当にありがたく思いました

その後、直会もして、住職から貴重なお話も伺うことが出来、素晴らしいご縁をたくさんいただいた日でした

お手伝いしてくださった方々、主催者の方々に心より御礼申し上げたいと思います。またのご縁を楽しみにしたいと思いました

|

« 1月演奏会予定 | トップページ | 朗読劇「阿弥陀寺」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大中寺「梅見の会」:

« 1月演奏会予定 | トップページ | 朗読劇「阿弥陀寺」 »