« 秋のもみじ演奏会~京都諸羽神社~ | トップページ | 慶應義塾大学と待光庵講演 »

正絃会 平曲「副将被斬」

11月の最終日に久々に正絃会に参加して、平曲「副将被斬」を語りました

最近は週末に演奏会が続いていて、なかなか正絃会に参加できなかったのですが、今回は久々に参加でき良かったです

副将被斬は平宗盛と息子副将能宗との親子の姿、また能宗を支える女房たちの姿は胸を打ちます。平家の優しさ、宗盛の人柄を偲ばせる語りで、本当に素晴らしいです

また、ゆっくり正絃会で平家を語る機会を楽しみにしたいと思います

200811301641000 平曲の後は薩摩琵琶の演奏。久々にゆっくり薩摩琵琶を聴きました。「川中島」「彰義隊」などなど薩摩も勇壮でとても良かったです。最後に薩摩琵琶の門琵琶の風景です

|

« 秋のもみじ演奏会~京都諸羽神社~ | トップページ | 慶應義塾大学と待光庵講演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正絃会 平曲「副将被斬」:

« 秋のもみじ演奏会~京都諸羽神社~ | トップページ | 慶應義塾大学と待光庵講演 »