« 平清盛公東博へ | トップページ | 源氏ゆかり比企地方 »

京都~宮島~岡山井原

Jizou 先週末は京都六地蔵盆で「平家琵琶の語りと調べの夕べ」ということで、京都の六ヶ所の入り口に平清盛公が後白河天皇の命令で地蔵を置いたというご縁から、やましな広域観光推進委員会主催で六ヶ所の内の三ヶ所山科地蔵徳林庵、鳥羽地蔵浄禅寺、桂地蔵地蔵寺で平曲を語りましたどの会場もたくさんの人が来てくださり、本当にありがたく思いました。

当日は朝早く京都に向かい、城南宮、安楽寿院、御香宮神社、伏見長建寺なども拝観して、主催者の方々のご好意で京都を堪能させていただきました

Shrines02 翌日はそのまま宮島に向かいました宮島厳島神社千畳閣での演奏は久々で、今回は國學院大學院友会120周年記念の「古典の調べ」ということで演奏させていただきました皆さん熱心に聞いてくださり、一般の方も無料で聞くことができたので、たくさんの方々にも来ていただけて嬉しかったですまた、竜笛の芝先生の音色は本当に素晴らしく、感動しました。

Sodegami 宮島の翌日は広島で平家物語を読む会をされている皆様とバスで岡山県井原市に向かいました井原市は那須与一ゆかりの町で、駅舎も扇と矢の形をデザインしたもので、ゆかりの永祥寺も立派なお寺でした

今回のバス旅行の主目的はこの永祥寺で平家の語りを奉納するということで、永祥寺で平家の語りを奉納しました。「祇園精舎」「那須与一」を語らせていただきました。本堂の横には那須与一が扇の的を射るのに邪魔だったために、引きちぎった片袖が納められた片袖神社もあり、与一ゆかりであることが伺えました

今回はちょうど那須与一も命日に合わせた与一まつりも開催されていて、地元の方も平家の語りを聞きに来て下さいました地元のケーブルテレビも撮影に来てくださり、皆様の応援のおかげで、無事に平家を語ることが出来ました

今回3日間は平曲一色で、平家ゆかりの地をたくさん回り、平家を語れたことは本当にありがたいことでした。このような素晴らしい機会を下さった皆様と演奏を聞きに来て下さった皆様に心よりお礼申し上げます。

|

« 平清盛公東博へ | トップページ | 源氏ゆかり比企地方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都~宮島~岡山井原:

« 平清盛公東博へ | トップページ | 源氏ゆかり比企地方 »