« 三田評論「平家偏愛」 | トップページ | 来年も宜しくお願いします »

平成19年御礼

Image_tachisugata

拝啓 寒冷の候、いかがお過ごしですか。今年も残すところあとわずかとなりました。

今年も数多くの平家を語る機会をいただき、たくさんの方々とご縁を得ることができました。本当にありがたく思っています。

今年はNHKの「探検ロマン世界遺産」の出演や新CDの製作、呉、広島頼山陽記念館、相模大野待光庵、慶應義塾大学非常勤講師など新しいご縁も生まれる一方、今まで続けている宮島での活動である「古の音色」「荒尾塾」も継続してすることができました。

平曲を語る中で、いつも自分ひとりでは何もできず、多くの人に助けられ支えられていることをいつも感じます。

平家物語の冒頭の「奢れるものも久しからず」ではないですが、続けていくと当たり前になり段々見えなくなるものがあります。たえず、謙虚に原点に立ち返る心を忘れないようにしていきたいと思います。

来年は平曲を始めて10年目の節目の年になります。平曲継起10年の特別企画として「平家を愛して~平家一門への鎮魂の物語~」を来年920日に厳島神社で奉納演奏の会を開催する予定です。10年の感謝をこめて、来年は多くの人たちと今までお世話になった方々に、心温まる素晴らしい平家の語りを届けることができればと思います。

それでは、年の瀬慌ただしい折から、御身体に気をつけて、よい年をお迎えください。 敬具

平曲弾き語り奏者

宮島観光大使

慶應義塾大学非常勤講師

荒 尾  努

|

« 三田評論「平家偏愛」 | トップページ | 来年も宜しくお願いします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年御礼:

« 三田評論「平家偏愛」 | トップページ | 来年も宜しくお願いします »