« 平曲パンフレット | トップページ | 椎葉平家まつり2007御礼 »

椎葉平家まつり2007

Shiiba 早いもので今年も11月。残すところあと2月ですね。

今月は広島県宮島と宮崎県椎葉での演奏会があります。

特に、宮崎県椎葉村は平家の落人伝説で有名な地で、扇の的で有名な那須与一の弟大八郎が平家の追討に入り、落人であった平家の血筋を受けた鶴富姫と恋仲になり、その子孫が今でも脈々と受け継がれている貴重な伝承地です。民俗学においても、とても重要な地域で、ひえつき節なども有名です。

一昨年よりご縁をいただき、2005は台風の被害が甚大でまつりは中止となり、昨年2006で初めて椎葉を訪れさせていただき、平家を語らせていただきました。今年もありがたいことにご縁をいただき、平家まつり2007に出演させていただきます。

なかなか行くことのできない景勝地でもありますので、是非足を運んでみてください。

私の出演は11月9日(金)の夕方18時からの法楽祭に出演して、翌日は午前中鶴富屋敷で、夜は場所を尾前地区に移して、平家を語らせいただく予定です。

詳細な情報は椎葉村ホームページで!昨年のおまつりの模様も見ることが出来ます。

http://www.vill.shiiba.miyazaki.jp/cms/index.php?blogid=2&catid=75

|

« 平曲パンフレット | トップページ | 椎葉平家まつり2007御礼 »

コメント

椎葉の田舎で琵琶奏者の荒尾さまにお目にかかれた偶然に早速、コメントしている私です
ブログを拝見しますと本当に平家物語の琵琶の話が盛りだくさん
ご卒業は法学部政治学科、二十歳の頃から琵琶を習われたのは平家物語が語りたかっただけなのでしょうか?
荒尾さんの経歴を何も知らずにお話だけ伺うと平家に魅せられた人・・・
八菜館(やさいかん)にも足を運んでいらっしゃいましたが、山里の特産物に興味がありましたか?全国行脚で有名になれるお話も上手で人当たりが優しい、若くて挑戦的な秘めた一面が精神面の強さを求めていらっしゃる理由はと思いましたが、東京出身でいらっしゃるのにお仕事で長崎県へいらした間、九州の田舎暮らしと琵琶の訓練の両立がおできになったと感心いたします
年齢が私より15才もお若い人の志をもっと直接知るチャンスでした ご活躍、楽しみにしています

投稿: 金丸千恵 | 2007年11月10日 (土) 13時42分

書き込みありがとうございます。
平家ゆかりの椎葉という地でご縁を頂きましたこと、本当にありがたく嬉しく思っています。

平曲を語るのは、大好きな平家一門を語り、一人でも多くの方に平家一門の優しさや温かさを伝えたいと思うからです。
日本語の美しさ、歴史や文化の大切さ、想像力の豊かさも伝えていくことが出来ればと思います。

今後も日々精進してまいりますので、宜しくお願いします。また、会える日を楽しみにしています。

椎葉の特産ですが、目をひいたのは椎葉牛とか、エノハ(魚)とかですね。他にも、豆腐など地場産品が多く並んでいて見ているだけで楽しかったです。持って帰りたいと思いながら、距離が遠くて断念しました。

投稿: 平曲 荒尾 努 | 2007年11月12日 (月) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 椎葉平家まつり2007:

« 平曲パンフレット | トップページ | 椎葉平家まつり2007御礼 »