« 平家の語りを教育現場に | トップページ | 和ごころのしらべ 第三章 »

気付けば弥生、清盛まつり

月日の経つのは早く、もう三月。今年の東京は雪も降らず、本当に暖かい日が多いです。一、二月はレコーディングでしたが、三月からは演奏会も始まります。東大赤門前の喫茶店と骨董品店をされているボン・アートさんで、そして宮島の清盛まつり、新潟へと平家を語りにいきます。

今月は平清盛公の命日にもあたります。清盛公は治承五年閏二月四日に亡くなりました。その遺徳を偲んで、平清盛公が造られた厳島神社のある宮島では「春を呼ぶ清盛まつり」が開催されます。旧暦と新暦で暦がずれているので、現在は三月のこの時期に開催されます。是非、足を運んでください。宮島桟橋から厳島神社を通り、清盛神社まで向かいます。

|

« 平家の語りを教育現場に | トップページ | 和ごころのしらべ 第三章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気付けば弥生、清盛まつり:

« 平家の語りを教育現場に | トップページ | 和ごころのしらべ 第三章 »