« 久々の演奏会 | トップページ | 平清盛公ご命日 »

静嘉堂文庫美術館

昨日久々に東京で平家を語りました。

東大の赤門前のボン・アートでの演奏会でした。画家の天利龍太郎氏の個展の最終日に「天空の調べ」で平家を語らせていただきました。天利先生は龍や弁財天を書かれていてどの絵も迫力のありました。ボン・アートの方々も協力してくださり、ゆったりと平家が語れました。わざわざ佐賀から来てくださった方もいて、本当にありがたかったです。

今日は静嘉堂文庫美術館に仏教画を見に行ってきました。中に重要文化財の弁天様の絵があり、持っている琵琶には、舞楽の陵王が描かれていました。昨日も今日も弁才天様を拝することが出来、琵琶を弾くものとして嬉しかったです。

|

« 久々の演奏会 | トップページ | 平清盛公ご命日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静嘉堂文庫美術館:

« 久々の演奏会 | トップページ | 平清盛公ご命日 »